キイロスズメバチを見かけたら駆除を専門家に相談してみよう

キイロスズメバチの駆除法

鼬

スズメバチとはどんな虫か

ハチの種類の中でも、アシナガバチやミツバチは性質が温厚なため駆除の優先度としては低い物となっています。ただ唯一キイロスズメバチについては、発見し次第一刻も早い対処をしなくてはいけません。キイロスズメバチは他の昆虫だけでなく、人間や家畜にも襲いかかる攻撃的な性質を持っています。しかも刺されるとアナフィラキシーショックで、呼吸困難や晴れなどの症状を引き起こす可能性も。しかも体質によっては、何度も刺されているうちに重篤な症状になることもあります。さらにキイロスズメバチの怖いところは、針で攻撃されるだけではありません。針に仕込まれた毒液をまき散らす点にもあります。この毒液は吸い込んだり粘膜に付着したりすれば、刺された時と同様の被害をもたらします。さらにこれは仲間を呼ぶ合図ともなるので、取り扱いには十分気を付けなくてはいけません。

駆除方法は二通り

ハチ駆除の方法は、自分でやるか有料の業者に頼むかの二通りです。でも費用の問題で折り合いがつかない時は、自分でハチ退治をするのも可能です。その場合は道具類を揃えて、万全の態勢で臨むことが必要になるでしょう。そんな風に自力でハチ駆除する場合は、防護服やゴーグルの用意は欠かせません。特にキイロスズメバチのような獰猛なハチ相手では、養蜂家が使用する程度の軽装では歯が立たない可能性もあります。ただしハチ駆除用の本格的な防護服は、一着数万円とかなり高額です。たった一度のハチ駆除で使うには、ちょっと高すぎる出費といえるでしょう。それゆえ、できれば行政から借りて対処した方が負担も軽くすみます。そのためハチ退治をする際は、行政の相談窓口に道具を貸し出してもらえないか問い合わせてみるようにしましょう。しかし、できるだけ安全に対処したいなら、有料の業者に依頼するのが一番といえます。

種類と対策

巣

同じハチの巣でもミツバチを駆除をするなら、夜にするのがおすすめですが、蜜がつくので洗い流すためにお湯を用意しましょう。アシナガバチとスズメバチなら夕方過ぎが狙い目で、特に後者なら防護服の下にも何枚か着ておくと安心です。