キイロスズメバチを見かけたら駆除を専門家に相談してみよう

傷つけずに追い払うため

ハト

ねぐらとされるマンション

鳩は、本来は山岳地帯で植物の種子を食べて生活する野鳥です。しかし近代になって山の開拓が進んできたことから、多くの鳩が街で生活するようになりました。特に、マンションのベランダは鳩にとって格好のねぐらとなっています。人が多く住んでいる分、餌をもらう機会が多い上、高所ですから天敵の猫に襲われる心配がないからです。またマンションのベランダは、クーラーの室外機や物干し台などでやや狭い空間となっていることが多いため、同じく天敵のカラスからも身を守ることができます。昨今では、高層マンションが増えてきたことから、鳩による被害も増えています。そのため手軽に駆除できるようにと、ホームセンターなどでは駆除用のグッズが多く販売されるようになっています。

動物虐待に注意

鳩の駆除のために、農薬などの刺激物を混ぜた食べ物を与えたり、餌でおびき寄せてバネ式の罠で捕獲したりする人もいます。ところが、こういった鳩を傷つける方法での駆除は、動物虐待とみなされます。鳩は法律で保護されている野鳥なので、いくら駆除のためでも、傷つけるわけにはいかないのです。したがって市販されている駆除用のグッズは、鳩を傷つける心配のないものとなっています。たとえば殺傷力のない忌避剤や、先端にやや丸みのある剣山などです。また、鳩はまぶしい光を嫌うので、モーションセンサーで自動的に強く発光するライトも、追い払うためによく使われています。これらを使用すれば、傷ひとつつけることなく、法律に抵触することなく駆除できるのです。