キイロスズメバチを見かけたら駆除を専門家に相談してみよう

種類と対策

巣

覚えておくと良いこと

ハチの巣を見つけると、後退りしてしまいがちなのですが、正しい知識を身につけておくと、それほど恐ろしいものでありません。基本的にはこちらから仕掛けない限りは襲ってこないため、イタズラに刺激することがないようにしたいものです。それに駆除する場合でも、ハチの種類を見分けることができれば、効率良く、そして安全に作業ができるので覚えておきましょう。まずはハチの巣が板状で、垂れ下がっているのであれば、それはミツバチである可能性が高いです。夜になってから駆除をするのが良く、周りに飛び回っているハチがすべて巣に戻ってから作業を始めるのがコツです。それから蜜でベタベタするため、お湯を用意しておくとすぐに洗い流せます。

他のハチの場合

ハチの巣の形が半円形ならアシナガバチで、球体になっているならスズメバチだと見て問題ないです。やり方ですが、どちらも夕方過ぎなら巣に戻っているでしょうから、まとめて駆除することが可能です。特に後者の方ですが、非常に攻撃性が強いため、ハチの巣を駆除するのであれば、防護服だけでなく、その下にも何枚か厚手の服を着ておく方が安心です。防護服の上から刺された時に、まれにハリが体に届いてしまうことがあるのですが、重ね着しておくと防げます。ハチの巣駆除用のスプレーをかけると、一斉に襲って来ますが、ここで怯んでやめてしまうとずっと追いかけられることになるため、相手が動かなくなるまで頑張って続けましょう。その後は、ハチの巣を駆除して、ホウキで残骸を集めて袋に入れて廃棄すれば、作業は終わりです。しかし、ハチの巣の状態によっては、命に関わる危険な作業となるため、無理して駆除しようとはせず専門業者に依頼するようにしましょう。専門業者では、ハチの巣に詳しいプロがおり作業する際にも安全を配慮して行ってくれるため、安心して駆除を任せることができます。また、駆除が終了した後も再び被害が起こらないように対策なども行なってくれるのです。どのように対策をしたらよいかわからない場合でもきちんとアドバイスしてもらえるため、まずは相談してみましょう。